FC2ブログ

あやのこと知ってほしいの

気ままなあやのエッチブログ★愛する彼と別れてはや○カ月・・。もっと女を磨いて、綺麗になって、いっぱいエッチして見返してやるぅー!(笑)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■エッチranking■あやのクリちゃんを触るように優しくクリックしてください■
■あやのメル友募集中■
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

凄まじい勢いで精液が・・・ 

 凄まじい勢いで精液が肉棒から膣内に注がれていく。
 ガクガクと体を前後に揺り動かしながら、いつまでも続く射精の快感に浸る。
 ビクビクと最後の放出を終えた肉棒を引き抜くと、司郎は妹の体に倒れこんだ。
 はぁはぁと兄妹の荒い呼吸が部屋に響く。



続きを見る前にエッチぃphotoヽ(*´д`)ノハァハァFC2Ranking
続きを見る前にエッチぃphotoヽ(*´д`)ノハァハァFC2Ranking



(またしちまった……)
 行為が終わると罪悪感が押し寄せる。
 だがそれ以上にもっとしたいという思いも湧き起こっていた。
 妹の様子を見ると、顔を上気させ、満足した様な表情をしている。
「気持ち良かったか……?」
 司郎の問いに、妹はピクッと体を震わせると顔を背けた。
「いいわけないでしょっ!……無理やりしてっ……!」
 以前した時は泣いていたのに、今度は平気そうな感じなのでホッとする。
 やはり自分も気持ち良かったのが効いているのか、それとも慣れなのか、何にせよこの程度ならこれからし続けても大丈夫だろう。
 妹が悲観的になったら辛いが、怒っているというのはある意味元気である証拠だ。
「嘘つけぇ……あんなに可愛い声あげといて、気持ち良くない訳ないだろぅ……なぁ、またしようよぉ……いいだろぉ……」
「な、何言ってるのっ……駄目に決まってるでしょっ……」
 体を起こして逃げる様にする妹を抱きしめ、乳房をギュッと掴む。
「あっ……」
 妹はそれだけで体を震わせている。
「ははっ……感じやすいんだな……」
「ち、違うっ……違うもんっ……」
 顔を真っ赤にしながら否定している。
「まあ、いいさ……嫌がる真奈美は可愛いからな……」
 そう言って乳首に吸い付くと、舌でレロレロと転がす。
「あっ、ああっ、やんっ……駄目っ、お兄ちゃ、あんっ……もう止めてぇっ……」
「なぁに言ってるんだよぉ……こんなに気持ちのいいこと、止められる訳ないだろぉ……それに真奈美の体って、凄く綺麗でたまらないんだ……俺、お前に夢中なんだよぉ……」
 小さな胸の膨らみに顔を擦り付ける。
「ば、馬鹿っ……何言ってるのっ……」
 妹は手で頭を離そうとする。
「いくら嫌がってもするからなぁ……これから毎日毎日……絶対してやるぅ……」
 そう言いながら秘所に手を伸ばして擦り上げる。
「ああんっ……だ、駄目ぇっ……やんっ……毎日なんて駄目だよぉっ……」




'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ




続きはまたいつか・・・w

■エッチranking■あやのクリちゃんを触るように優しくクリックしてください■
■あやのメル友募集中■
[ 2009/11/29 16:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

腰を高速に動かし・・・ 

 腰を高速に動かし、叩きつける様に肉棒を押し込む。
「やんっ、やっ、はぁんっ……こ、こんなの、ああんっ……全然、やぁんっ……気持ち良く、はふっ……ない、あああんっ……」
 いつまで経っても認めようとしない妹が、司郎は何やら可愛く思えてきた。
「ははっ……真奈美ってっ……可愛いなっ……こんな可愛い妹を持ってっ……俺は幸せだっ……」
「何言って、あんっ、あぅっ、いやぁんっ……」
 妹は顔を真っ赤にしながら顔を背ける。
 それがますます可愛く思え、司郎はさらに激しく腰を動かしていく。
「やんっ、あっ、やぁっ……激し、あんっ……激しいよぉ、ああっ……あんっ、あんっ、あああんっ……」
 快感が体を動かしたのか、いつの間にか妹の脚が腰に絡みついている。
「こんな脚絡めてっ……気持ちいいんだろっ?……どうなんだっ……?」
「ちが、やんっ……違うもん、はぅっ……これは脚が勝手に、ああんっ……お兄ちゃんが、やっ……あんまり激しくするから、ああっ……勝手にぃっ……」
 そう言いながら、妹の腕が背中に回されてくる。
 これも勝手に動いているのだろうか。
「ははっ……真奈美は可愛いっ……最高だっ……」
 司郎の興奮は最高潮に達した。
 妹は嫌がりながらも自分を求めている。
 肉体が勝手にやっているのか、内心本当に求めているのかは分からないが、そんな事はどちらでも良かった。
 自分は今、妹が可愛くて仕方がないのだから。
「真奈美ぃっ……真奈美ぃっ……」
 妹の名前を呼びながら小さな唇に吸い付き、腰を激しく動かす。
「んっ、んんっ、んんっ……」
 すると妹が司郎の体をギュッと抱き寄せ、舌を激しく吸引してきた。
 心はともかく、肉体が司郎を求めているのは確かな様だ。
「んっ、んんっ……ぷはぁっ、あぅっ、あっ、やぁんっ……」
 唇を離して体を起こすと、名残惜しそうにこちらを見上げる妹のせつなげな顔が見えた。
 その事に興奮が高まった司郎は、最後とばかりに腰を激しく動かしていく。
「やっ、はっ、ああんっ……おにぃ、あっ……お兄ちゃん、ああっ……お兄ちゃん凄いよぉっ……やんっ、あぅっ、はぁんっ……こんな、あんっ……こんなのぉっ……あっ、あっ、ああっ……私、あんっ……もう駄目ぇ、やっ……イっちゃう、はぅっ……イっちゃうのぉ、やぁんっ……イっちゃうぅっ……あああああんっ……!」
「真奈美ぃっ……!」
 兄妹の絶叫が重なる。


■エッチranking■あやのクリちゃんを触るように優しくクリックしてください■
■あやのメル友募集中■
[ 2009/11/29 16:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

激しく腰を突き込む・・・ 

 激しく腰を突き込む。
「あぅっ、あっ、やぁんっ……駄目、あっ……駄目だよぉっ……やんっ、あぅっ、はぁんっ……」
「お前だってっ……気持ちいいんだろっ?……俺としたいんだろっ?……もっと正直になれよっ……」
 乳房をギュッと掴み、乳首をクリクリと動かす。
「いやっ……したく、ああっ……したくない、はぅっ……お兄ちゃんとなんか、はぁっ……したく、あああんっ……」
 押し返す様に腕を伸ばすが、すぐに力が抜けて布団の上に落ちる。
 見るからに気持ち良さそうなのだが、どうしても受け入れようとしない妹に苦笑する。
(頑固なヤツだなぁ……まあ、いいさ……嫌なら嫌で、無理やりするまでだ……)
 本当は、自分を受け入れ、求めてもらいたい思いもあったが、嫌がる妹と強引にするのもそれはそれで興奮するのだ。
「ほらほらっ……これでどうだっ?……これでも気持ち良くないって言うかぁっ……?」


■エッチranking■あやのクリちゃんを触るように優しくクリックしてください■
■あやのメル友募集中■
[ 2009/11/29 16:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

腰を強く動かす・・・ 

 腰を強く動かす。
「やぁんっ、あっ、はふぅっ……違う、あっ……違うもん、やっ……これは、あぅっ……違うのぉっ……」
 言葉で否定しても、隠しきれない快楽の声が認めてしまっている。
「まあっ……違うんでもいいさっ……俺はするからなっ……お前が嫌がろうがっ……絶対してやるっ……」
「お父さんたちに、あっ……言うよ、ああんっ……帰ってきたら、やんっ……言いつけて、あぅんっ……やるぅっ……」
「いくらでも言いつけろよっ……お前が父さんたちに言ってっ……家族が不幸になってもっ……それはお前のせいだからなっ……俺のせいじゃないっ……」
「なっ……」
 妹は驚いているようだ。
 それはそうだろう。
 両親に知られる事を恐れていたのは司郎なのだ。
 それを防ぐために妹の言う事に従っていたくらいなのだから。
 だがそれは冷静な時の司郎である。
 肉欲に脳を侵されている現在の司郎には、妹とセックスする事だけが大事だったのだ。
「俺はするっ……お前とするぞっ……こんな気持ちのいいことっ……止められるかぁっ……」


■エッチranking■あやのクリちゃんを触るように優しくクリックしてください■
■あやのメル友募集中■
[ 2009/11/29 16:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

興奮を抑えきれず・・・ 

 興奮を抑えきれずのしかかると、桜色の可憐な唇に吸い付いていく。
 舌を押し込み、妹の小さな舌を見つけると絡め、吸い上げる。
 すると驚いたことに妹が自ら求めてくるではないか。
「んんっ、んっ、んんっ……」
 顔を左右に動かし、妹の頭を抱える様にしながらしばらくそうして唇を擦り合わせ、舌を絡めていく。
(ああ……キスって気持ちいいんだなぁ……あ、俺、これがファーストキスじゃん……真奈美としちゃったよ……)
 唇と舌から押し寄せる快感に頭をボーっとさせながら、妹とキスをしているという背徳的な行為に興奮が高まる。
 薄く目を開けると、上気した妹の顔が見え、その幼いながらも女を感じさせる表情に肉棒が激しくいきり立った。
 唇を離し体を起こすと、両脚をガバッと開いて肉棒を押し込む。
「あぅんっ……!」
 妹の体がピクンッと震える。
 服を押し上げると、つつましい膨らみをあらわにし、揉みながら腰を動かし始める。
「あっ、ああっ、あああんっ……おにぃ、あっ……まだ、はぅっ……してるの? ああっ……」
 ボンヤリとした声で妹が尋ねてくる。
「そうだっ……俺はっ……してるぞっ……」
 腰を動かしながら答える。
「もう、ああんっ……止めてよね、はぅっ……私達は、ああっ……兄妹なんだよ、ああんっ……」
「だけどっ……お前も気持ちいいだろっ?……こんな気持ちのいいことっ……兄妹だからってっ……しないの勿体なくないかっ……?」
「私は、ああっ……別に、あっ……気持ち良くなんか、あぅっ……ない、はぁんっ……」
「嘘つけっ……こんなにっ……気持ち良さそうな声上げてっ……」


■エッチranking■あやのクリちゃんを触るように優しくクリックしてください■
■あやのメル友募集中■
[ 2009/11/29 16:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

妹も膝を折り・・・ 

 妹も膝を折り、二人は布団の上に重なる様に倒れこむ。
 耳元で妹の荒い息が聞こえる。
(やっぱり……気持ちいいなぁ……)
 妹を襲ってから忘れることのできなかったセックスの味。
 まさか再び妹とするとは思わなかった。
(真奈美が悪いんだよ……)
 興奮が冷めると、また罪悪感が押し寄せる。
(俺だって悪いと思ってたのに……あんな風にするから……)
 だが今回は「自分は妹にいやがらせを受けたから仕方なくしたのだ」という逃げがあった。
(そうだよ……だからこれは正当な行為だ……俺の復讐なんだからな……)
 ゆっくりと起き上がる。
(だから……もっとしていいんだ……まだ俺の怒りは治まっていないんだから……)
 本当は、怒りよりも肉欲が治まっていないのだ。
 グンっと力を取り戻した肉棒に励まされる様に、司郎は妹の体をあお向けにした。
 妹はまだボンヤリとした表情を浮かべ、何をされているのか分からない様だ。
 トロンとした目つきと、少し開いた唇から見える小さな舌がたまらない。


■エッチranking■あやのクリちゃんを触るように優しくクリックしてください■
■あやのメル友募集中■
[ 2009/11/29 16:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

エッチ大好きあや♡→ܫ←♡

Author:エッチ大好きあや♡→ܫ←♡
゚+。(o・ω-人)нёllо・.。*
あやのブログに遊びに来てくれて
ありがとう♪★,。・:・゚
お茶でもどぞ (*・ω・)っ旦~
♥*:;;;;;:*♡プロフィール♥*:;;;;;:*♡
  身長:158㌢
  体重:46㌔
  B : 84㌢
  W : 58㌢ 
   H : ?
エッチが好き♡
感度が良過ぎるのでイジめたくなる
タイプらしいです。
何度でもイクイク~(〃ノωノ)ハズカチィ

    aya111.jpg
ブログランキング参加中♪です
あやを応援してね(*'-'*)
みんな大好き(^ε^)-☆Chu!!

FC2カウンター
もれなく!5000円
愛のクリックコーナー(1日1回 3つすべてどうぞ)

◆↑クリックして(*^・^*)チュッ♪ ◆

◆↑クリックして(*^・^*)チュッ♪ ◆

◆↑クリックして(*^・^*)チュッ♪ ◆
最近の記事+コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。